ユメみるiPhone2009/05/15 14:10



 出版社に勤める知人のWさんから教えてもらった本を、新宿のコクーンビルの地下にあるブックファーストで購入した。

 まだ少ししか読んでいないが、僕も愛用しているiPhoneアプリ“PocketGuitar”をつくった笠谷真也さん、“ToyCamera”の深津貴之さんなどとの対談が興味深そうだ(そうだ、というのはまだ途中だから。なにしろ、さっき入手したばかりなので)。

 徳井直生さんの著『ユメみるiPhone


 Wさんによれば、「これはプログラマーではない方、つまりデザイナーやクリエイターの方に向けた開発指南書で、まさに大倉さんにはピッタリかと思います(笑)」ということだった。

「まさに大倉さんにはピッタリかと思います」という言葉を真に受けてしまったか。Wさんからメールをいただいた2日後に、iPhoneアプリ開発に関する新しい書籍を、売り場で見つけるやいなや、レジに持っていってしまった、素直な私である。



Yasuhiro Okura

校長先生が選んだ長嶋茂雄2009/03/30 12:53


卒業式で去年の秋、娘の通う小学校に訪れ、みんなの前で
自分の仕事についておしゃべりした。

その週は学校公開週間になっていて、その日は
父兄参観の日だったと思う。

総合学習の時間だったかな(僕の頃は、
そういう授業はなかったが、今は総合学習という
時間にいろんな勉強をする)。

「お父さんやお母さんに、自分がやっている
仕事を話してもらう」というお題があり、
3年2組の教室で、僕はコピーライターの仕事について、
自分が携わったポスターなどを見せながら、5分ほど
おしゃべりした。

そのとき、広告の仕事以外に
改訂最終版 年がら年中長嶋茂雄』という本の紹介もした。
これはもともと、出版社のベースボール・マガジン社
企画を持ち込み、ゴーサインが出て本になった
『年がら年中 長嶋茂雄』の続編で、
うちは企画・編集協力として参加している。

この本は、長嶋茂雄さんの名言やユニークな発言などを
366コ厳選させていただき、日めくりカレンダーのような
ページ構成にそれらを入れこんだもので、
曜日を表示しないことで、2009年用とか2010年用と
いったことでなく、半永久的に使えるようにした。

そうしたら偶然、教室の後ろでご覧にこの本を、
校長先生が気になってくださったようで、
あるとき、本をお貸しした。

そうしたら、卒業式の前々日に僕がたまたま
小学校に訪れたところ、校長先生が
「あの中の、長嶋さんの言葉をいくつか
お話させていただいてもいいですか」とおっしゃった。


卒業式からもう何日かたってしまった。

娘の小学校の卒業式は、6年生と5年生が
出ることになっていて、うちの長女は参加していない。
もちろん、僕も出席していない。

校長先生は、長嶋さんのどの言葉を取り上げられたのか。
かなり気になっている。


text:Yasuhiro Ohkura

そうじ力2008/12/06 17:24



 先日、『成功を加速する「そうじ力」』という本を近くの図書館の見つけて読んだ。返却されたばかりの本が集めてある棚に置かれているのにたまたま目がいき、興味を持った。

 なかなか興味深い内容だったが、僕にできるだろうか。


 自分でやっている、Podcast番組「オークラジオ」の236回でも、この本を取り上げてみたので、よかったらこちらからお聴きください。



text and photo:オオクラヤスヒロ