ビー玉を飲み込んだ少年2009/03/02 07:44


昨日の、夕方だったかな。

仕事をしていたら、息子がものすごい勢いで泣くのが聞こえた。

妻は隣でノートパソコンを開いて、何かを調べている。そして電話をかけようとしている。

妻「あの、5歳の息子がビー玉を飲み込んだんですけど・・・えっ、別の番号にですか・・・02って、これどこなんですか(04って言ってたかも)」

妻、電話をかけ直す。

妻「すいません。5歳の息子がビー玉を飲み込んだですが・・・はい、痛そうにはしていません・・・あぁ、便(べん)といっしょに・・そうですか」

妻「便といっしょに出るというか、そういうことらしいよ」

父(私)「えっ? そっか、よくあることなんか」


今のところ、おなかが痛いとか、そういうことはないらしい。というか、おなかが痛くなって、早く便といっしょに出てくれないかな。

息子の説明によると、鏡を見ていたら、ビー玉をいつの間にか飲み込んでしまったらしい。何してたんだろうな? 泣いていたのは、おなかが痛かったとかそういうことでなく、ビー玉を飲み込んでしまったことにびっくりして、号泣したようだ。


ビー玉さん、出ておいで〜。



text:Yasuhiro Ohkura

帰ってきたビー玉2009/03/04 13:53



3日前の日曜日に息子が飲み込んだビー玉が今朝、やっと出てきた!


と思ったら、


ビー玉、ちゃうやないか。






パチンコ玉かいっ!


なんでやねん。

息子に聞いたけど、よくわからない。気が動転して、自分が飲んだのが、ビー玉かパチンコ玉かわからんようになってたのか、そもそも、パチンコ玉もビー玉の一種だと思っていたのか。


まあ、どっちでもええけど、見つけ出して、割り箸でつかむの、大変やったわ。

パチンコ玉救出劇の詳しい説明をするとですね、え〜と、食事中に人もいるかもしれないので、やっぱり、やめときます。



text and photo:Yasuhiro Ohkura

自転車に乗れた記念日2009/03/10 12:17



 一昨日、2009年3月8日の日曜日のこと。このところ、子ども用の自転車のペダルを外して、足で地面を蹴ってバランスをとる練習をしていたのだが、ひさしぶりペダルをつけて。すると、いきなり、息子が自転車に乗れたのでびっくり。

 買物から帰った妻に、そのことを教えず、「まだ乗れなくて」なんて言っといて、息子が乗ってみせたら、妻は目を丸くして驚いていた。

 いやぁ、僕にとっても、うれしいサプライズだったけど、いちばん予想外だったのは、息子本人だと思う。自転車を漕いだのを見て、僕が「おっ、乗れたやん。すごいな」と言うと、息子は最初きょとんとして、その後ニコニコしはじめた。

 何かができるようになった人を見るのは、気分がいい。こっちまで幸せな気持ちになる。


 大人になると、新しいことができるようになる瞬間は少なくなるけど、こういうのって大事ですよね。なにごとも諦めず、(自分にとって)新しいことに挑戦しようと思った。



text and photo:Yasuhiro Ohkura

紫の駒2009/03/11 15:23



 赤と青のブロックを使ってつくった駒をくるくる回すと、紫に見えました。

 今朝、息子が保育園で「お父ちゃん、待って!」と言って、ブロックを手にこさえてくれたんですけど、ちょっと感動しましたね。
 赤と青で紫。僕にとってはすでに知っていたことだけど、実物を見ると、きれいやなぁ、というか、なんだかハッとしました。頭でわかっただけで、わかってるような気になってることが多いのかもしれん、とも思いました。



text and photo:Yasuhiro Ohkura

iPhoneアプリ、プログラミングへの道2009/03/13 10:09



 って、そんなに簡単にいかないかもしれないけど、『iPhone SDKプログラミング大全』と『たのしいCocoaプログラミング Leopard対応版』を入手。どちらも著者は木下誠さんで、木下さんの「Macのウィジェットをつくろう」という講座を受けたことがある(正確には現在も受講中)。

 もともとプログラマーではない私だが、がんばってみることにする。って、生まれつきプログラマーの人はいないだろうけど。
 木下さんなら、プログラムの知識がない人がつくるのは簡単ではないでしょうが、できないことはないと思いますよ、と言うんじゃないかなぁ。とにかく、挑戦あるのみ。



text and photo:Yasuhiro Ohkura